スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

伊藤 修司

伊藤 修司(いとう しゅうじ、1930年2月22日 - 2006年1月 )は兵庫県出身の元JRA騎手、元調教師。父は伊藤勝吉元調教師。上野清章(伊藤)元騎手は娘婿だった。


[編集] 来歴
1948年に騎手免許を取得。1961年にチトセホープで優駿牝馬(オークス)を勝つなど活躍した。1963年に引退、通算成績は981戦197勝。

1964年に調教師免許を取得し、同年より厩舎を開業する。1965年にハツライオーで札幌記念を勝ち重賞初制覇、以後1991年まで、27年連続重賞勝利という記録を達成している。名ジャンパーグランドマーチスや、華麗なる一族と呼ばれたハギノトップレディ・ハギノカムイオー、武豊に初めてのGI勝利(菊花賞)をもたらしたスーパークリークなど、数多くのGI馬を育成した。2000年に定年を迎えて調教師を引退、調教師としての通算成績は9138戦1223勝(重賞83勝)。

2006年1月末に死去。訃報が伝えられたのは同年5月のことであった。


[編集] 代表騎乗馬
チトセホープ(1961年優駿牝馬優勝、啓衆賞最優秀4歳牝馬)
シーザー(1961年宝塚記念優勝)

[編集] 代表管理馬
マーチス(1968年皐月賞優勝、啓衆賞最優秀4歳牡馬)
ヒデコトブキ(1969年桜花賞優勝)
グランドマーチス(中山大障害4度優勝、1974年・1975年優駿賞最優秀障害馬、顕彰馬)
ハギノトップレディ(1980年桜花賞、エリザベス女王杯優勝、優駿賞最優秀4歳牝馬、名牝ダイイチルビーの母)
ハギノカムイオー(1983年宝塚記念優勝)
スーパークリーク(1988年菊花賞、1989年天皇賞(秋)、1990年天皇賞(春)優勝)
スポンサーサイト

2007年02月28日 トラックバック(-) コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。