スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

池江 泰郎

池江 泰郎(いけえ やすお、1941年3月1日 - )はJRAの調教師。2005年の三冠馬ディープインパクト、顕彰馬にも選ばれたメジロマックイーンなどの調教を手がけたことで知られる。

騎手時代には「逃げの池江」の異名を取り、代表的騎乗馬には名牝ヤマピットがいる。調教師に転身してからは、メジロデュレンでの菊花賞を始めとした国内GI制覇のほか、2001年にはステイゴールドで香港ヴァーズを勝ち、海外GIをも制覇。2005年にはディープインパクトで三冠を制すなど、数多くの名馬を世に送り出した。子の池江泰寿も調教師。また、稀代のアイドルホース・オグリキャップの中央競馬在籍時代の厩務員、池江敏郎は兄。阪神タイガースファンとしても知られている。

目次 [非表示]
1 データ
1.1 略歴
1.2 所属場歴
1.3 表彰歴
2 代表管理馬
3 エピソード



[編集] データ
出生地:宮崎県北諸県郡高城町(現・都城市)
出身地:宮崎県北諸県郡高城町(現・都城市)
所属場:栗東トレーニングセンター
初出走:1979年10月7日 3回中京2日目 第4レース、ブュークイン(16着)
初勝利:1980年2月9日 1回中京5日目 第3レース、メジロカペラ(のべ38頭目)
騎手時代成績:3275戦368勝

[編集] 略歴
1957年:相羽仙一厩舎(京都)所属で騎手見習となる
1959年:騎手となる
1963年:橋本正晴厩舎(京都)へ所属変更
1964年:浅見国一厩舎(京都、のち栗東)へ所属変更
1978年:調教師免許を取得
1986年:菊花賞で調教師として初GI制覇

[編集] 所属場歴
1978年~:栗東トレーニングセンター

[編集] 表彰歴
1986年:優秀調教師賞(関西)
1994年:優秀調教師賞(関西)
1996年:優秀調教師賞(関西)
1998年:優秀調教師賞(関西)
2002年:優秀調教師賞(関西)
2004年:優秀調教師賞(関西)

[編集] 代表管理馬
メジロデュレン(1986年菊花賞、1987年有馬記念優勝)
ラッキーゲラン(1988年阪神3歳ステークス優勝)
メジロマックイーン(1990年菊花賞などGI4勝・顕彰馬)
トゥザヴィクトリー(2001年エリザベス女王杯優勝、ドバイワールドカップ2着)
ステイゴールド(2001年香港ヴァーズ、ドバイシーマクラシック優勝、2001年度JRA賞特別賞)
ノーリーズン(2002年皐月賞優勝)
ゴールドアリュール(2002年JRA賞最優秀ダートホース賞、2003年フェブラリーステークスなどGI4勝)
ディープインパクト(2005年牡馬三冠馬、2006年天皇賞・春、宝塚記念、ジャパンカップ、有馬記念)

[編集] エピソード
今でこそディープインパクトなど数々の名馬を送りだし、誰もが認める名調教師だが、開業当初は全く勝てなかったという。そのためか現在では新人調教師が中々勝てない時には、「あの池江さんですら開業当時は中々勝てなかったんだから」という言葉が栗東トレセンの慰め言葉になっているという。
2006年にディープインパクトと共に凱旋門賞に挑戦。3着に敗れるが、3強と言われたレースでライバルのハリケーンランとシロッコには先着する健闘を見せた。しかしその後の理化学検査において禁止薬物イプラトロピウムが検出され、同馬は失格、同師にも最高金額の制裁金が課された。こういったことから、帰国初戦となったジャパンカップに圧勝した同馬を検量室前で出迎えに降りてきたとき、感極まって涙を浮かべていたという。
スポンサーサイト

2007年02月28日 トラックバック(-) コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。