スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

鳥居 滋夫

鳥居 滋夫(とりい しげお)は、元フジテレビアナウンサーである。

「プロ野球ニュース」(第1期、1961年~1965年)の司会を務めた他、各スポーツの実況も担当していた。

1960年代半ばから1970年代前半までフジテレビ競馬中継(現在、スーパー競馬)のメイン実況を務めた。また、1960年代半ばから同終わりまで、東京競馬場・中山競馬場で行われた重賞競走のほとんど全ての実況を彼が行ったものと思われる。

1970年あたりから一部、旧八大競走の実況を盛山毅アナに譲るようになり、旧8大競走としては1973年の優駿牝馬(オークス。優勝馬・ナスノチグサ)が最後の実況となった。

また、1973年の東京優駿(日本ダービー)より初めて同レースの実況を盛山アナが担当。それ以後、フジテレビ競馬中継のメイン実況は盛山アナ、サブアナとして大林宏アナが務めるという形となり、競馬実況自体もこの2人でほぼ務める形になった。

シンザンの5冠のうち、東京優駿(1964年)、秋の天皇賞・有馬記念(1965年。このレースで「シンザンが消えた!」の名言を残す)の実況を務め、また、ハイセイコーが勝った1973年の皐月賞の実況も務めた。

スタートからテンポあるしゃべり口に定評があり、また、出走各馬が道中一体何番手にいるのかや、少なくとも着順掲示板(5着まで)に入った馬を確実に伝える実況ぶりにも定評があった。

中には、彼のことを、「伝説の競馬実況アナ」という人もいる。
スポンサーサイト

2007年02月10日 トラックバック(-) コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。