スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

松本 暢章

松本 暢章(まつもと のぶあき、1931年8月10日 - 1998年3月14日)は、元:関西テレビ放送のアナウンサーである。

大阪・天王寺中学(現:大阪府立天王寺高等学校)時代には甲子園にも出場した「元・球児」。関西学院大学在籍時に神戸放送(現:ラジオ関西)のパーソナリティーとして活躍。卒業した後は、関西テレビへ入社し、スポーツ中継を担当した。シンザン戦後初の三冠達成(1964年)や、阪神タイガース21年ぶりのリーグ優勝の実況(1985年)等を務めた。

同じ関西学院大学の後輩にあたる杉本清にアナウンサー試験を受験させ(結果合格し1961年に入社。1965年より競馬を担当する)、1969年以降は桜花賞や天皇賞(春)、それに菊花賞といった大レースを含むメイン実況の座を杉本に譲ることとなったが、その後も司会やコメンテーターとして同局の競馬中継に出演し、競馬博士として親しまれた。

1998年3月14日に66歳で逝去。
スポンサーサイト

2007年02月10日 トラックバック(-) コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。