スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

細江 純子

細江 純子(ほそえ じゅんこ、1975年3月12日 - )は、JRA(日本中央競馬会)の元騎手である。現在は競馬評論家(ホース・コラボレーター)として活動中。愛知県蒲郡市出身。愛知県立蒲郡東高等学校卒業。


◆略歴

高校卒業後、OLとして社会人を経験したのち、騎手になりたいという夢を断ち切れず、競馬学校に入学。日本中央競馬会初の女性騎手として牧原由貴子、田村真来らとともにデビューした。いわゆる「競馬学校花の12期生」の1人で、競馬学校の同期生には福永祐一や和田竜二などがいる。

デビューは1996年3月2日の中京競馬第1競走、サファイヤリネンに騎乗し16頭立ての9着。初勝利は同年5月12日の京都競馬12競走、レゾンデートルで挙げた。そのレゾンデートルで、同年夏には重賞の北九州記念にも騎乗した(9着)が、デビューした年はわずか2勝に終わった。1999年には日本の女性騎手としては初となる海外競馬(シンガポール)での勝利を挙げた。しかし、目立った成績が残せぬまま、2001年6月15日に騎手を引退。中央競馬での通算成績は493戦14勝であった。

その他、写真集も出すなど異色な面も見せた。

本当に競走馬が好きらしく、牡馬には君付け、牝馬にはちゃん付けで呼ぶことがある(例えばディープインパクトはディープ君、シーザリオはシーザリオちゃんなど)。


◆エピソード

 ・かなりの天然キャラである
 ・騎手時代から酒豪で有名。フジテレビ739の「酔いどれ競馬」の放送中、酔った勢いで放送禁止用語を言った事がある。
 ・2006年5月14日の全レース終了後の東京競馬場パドック内で行われたチナッチャブル(うまッチ!番組内からうまれた若槻千夏・アンタッチャブル・番組プロデューサー矢延隆生のグループ)のCD発売のPRイベントで司会を務めた際、歌の終盤でやのべ副部長が最後の大サビを歌おうと大きく息を吸った瞬間「ありがとうございました~!」と勢いよく言ってしまい、最後の大サビとまるかぶりしてしまって会場を爆笑の渦に巻き込む。
 ・男性の多い競馬社会に長く居たため、下ネタは抵抗があるどころかむしろ気分が和むとのこと。
 ・顔は年齢よりも老けて見えるため、年配に見られることがあるが、実際にはゲスト出演の経験があるテレビ西日本「ドリーム競馬KOKURA」の司会・藤城真木子や関西テレビ「サタうま!」に出ている六車奈々よりも若い。


◆出演番組

 ・中央競馬ワイド中継(関東独立UHF5局ネット 土曜日レギュラー)
 ・グリーンチャンネル(CSテレビ放送)
 ・スポーツニッポン(大阪・西部本社版競馬コーナーの予想執筆)
 ・ドリーム競馬(GIレース及びディープインパクト専門レポーター)
 ・うまッチ!(フジテレビ系 隔週レギュラー)
 ・名馬の肖像2(KBS京都テレビ)
 ・ホソジュンのステッキなお話(netkeiba.com、競馬総合チャンネル)
スポンサーサイト

2007年01月04日 トラックバック(-) コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。