スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

須田 鷹雄

須田鷹雄(すだ たかお、1970年6月8日 - )は、競馬評論家(本人曰く「お笑い競馬ライター」)。本名は下坂 昇平(しもさか しょうへい)。東京都出身。麻布高校、東京大学経済学部卒業。ペンネームの「須田鷹雄」は競走馬のスダホークに由来する。旅打ちが趣味。競馬等の公営競技だけではなく、海外のカジノ(特にラスベガス)にも頻繁に出かける。尊敬する人は師匠である井崎脩五郎であり、共著で書物を執筆することもある。また鈴木淑子司会の走れ!歌謡曲のハガキ職人でもあった。

主に競馬ライター(競馬評論家)として各種連載や著作執筆のほか、テレビ、ラジオにも出演。また、競馬関係の番組や格闘技番組(K-1 JAPAN等)の放送作家を務めるなど、幅広い分野で活動している。

体型や(酒好きで有名な)井崎脩五郎の弟子であることを考えると意外なことであるが、下戸であり酒を飲まない(体質的な理由なのか嗜好的な理由なのかは不明)。


◆経歴

大学在学中の1990年に別冊宝島「競馬ダントツ読本」でライターとしてデビュー。1994年にはJR東日本に就職するが(本人は著作の中で「副業」と書いている。当時は西船橋駅に勤務し、大川慶次郎がその「副業」ぶりを観に行ったことがある)、1996年に同社を退社、血統評論家の田端到が社長を務める有限会社ドラゴンプレスに所属する。学生・サラリーマン時代はメディアに顔や本名を露出することは無かったが、退社後はライターだけではなくイベント出演やテレビ出演等を積極的にこなすようになる。 ペンネームはスダホークから取った。2000年には自分の個人事務所として有限会社須田鷹雄商店を設立し取締役社長に就任。現在の外見からは考えられないが大学時代は 馬術部に所属しており騎乗技術に関する評論もある程度行える貴重な存在である。 競馬だけでなく競輪についても書いたことがある。ディープインパクトの薬物問題ではフリーの立場でありながらも JRAの対応を批判し話題になった。師である井崎脩五郎との出会いはなんと同氏の愛息の家庭教師を したことであったという。


◆主な出演番組

 ・BSフジ競馬中継(BSフジ、独自放送時)
 ・ドラマチック競馬(北海道文化放送)
 ・酔いどれない競馬(フジテレビ739)
 ・競馬予想TV!(フジテレビ739)
 ・RIDE ON 22(グリーンチャンネル、2006年1月より)

◆終了した番組
 ・競馬大王(BSフジ)
 ・ウィークエンド・パドック(ラジオたんぱ)


◆主な著作

 ・もうひとつのダビスタワールド(アスペクト)
 ・負け馬の遠吠え(双葉社)
 ・バンキシュ!(光文社)
 ・須田鷹雄の新理論「ガラット」(東邦出版)
 ・POGの達人シリーズ(光文社)

☆井崎脩五郎と共著

 ・ウマ家でわかる馬ゴコロ(ワニブックス)
 ・新「ウマ家」の謎(ザ・マサダ)
 ・完全「ウマ家」大事典(廣済堂出版)
 ・「最重要ウマ問題」裏議事録(ザ・マサダ)
 ・珍馬怪記録うま大全(ザ・マサダ)
スポンサーサイト

2006年12月21日 トラックバック(-) コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。