スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

大坪 元雄

大坪 元雄(おおつぼ もとお、1939年11月23日 - )は、競馬評論家。

ホースニュース・馬、競馬ブックのトラックマンを経て同紙専属評論家。ラジオNIKKEI(旧・ラジオたんぱ)の毎週土曜日の午後の競馬中継と、関西テレビの日曜競馬中継「ドリーム競馬」のメイン解説を勤めている。

パドックやレース前解説での「男馬のような(牝馬。筋肉が勝った馬について用いる)」、「脾腹のあたりが(人体の構造と同じ様に考えれば馬で言えば肋骨と後ろ脚の間ぐらい?馬体重が適正か、体調はどうかを把握する上で重要)」、などの相馬眼コメントはともかく「存外~」「ジョッキー(騎手)が跨って気合が…」などの独特な、しかし毎度のように使う言い回しや、「クロシオ(クロフネ)」、「マンハッタンギャル(マンハッタンカフェ)」、「オースミパレード(オースミレパード)」、などの馬名の言い間違い、さらには「10点満点はあげられなくても、90(点)ぐらいはあげられるんじゃないですか」といった矛盾に満ちた発言など、時にさすがと思わせる独特の着眼点と彼ならではの「味」で競馬ファンに広く知られている。最近では、優駿牝馬で3着になったディアデラノビアの馬名を言えず、ドリーム競馬の中京開催の時の司会者である、山田雅人にフォローしてもらっていたり、馬場鉄志アナウンサーに「時間がありませんので、ラインクラフトについて手短にお願いします。」と言われたにもかかわらず、長々とラインクラフトについて喋ったあげく、ライバルのエアメサイアについても喋ろうとしたため、馬場鉄志アナウンサーに「ありがとうございました」と途中で遮られてしまった。またコメント中にレースがスタートしてしまったこともある。

予想は本命党が絶対的多数を占める競馬ブックの中でも超本命党で、重い印(本命や対抗)を付けた馬は上位人気になることがほとんどである。一方で2005年の天皇賞(春)でアイポッパーが本命で「3連単の穴馬としてビッグゴールドとスズカマンボ」とドリーム競馬内で公表。結局1着スズカマンボ、2着ビッグゴールド、3着アイポッパーと3連単が190万馬券となった。3連複を購入していれば当然的中していることになるが・・・ちなみに配当は22万5950円だった。
スポンサーサイト

2006年12月12日 トラックバック(-) コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。