スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

アングロアラブ

アングロアラブ(Anglo-Arabian)は、馬の一種で、アラブとサラブレッドの混血種である。サラブレッドがスピードを追求する為虚弱体質であり、また気性が激しいものも多いため、それを解決する為に頑丈で従順なアラブ種を混合することで、頑丈さと温厚な気性、そしてスピードを得ることができる。日本においてはアングロアラブのことを「アラブ」と呼ぶことが多いため、アラブ種と混同されがちである。

もともとはフランスで生産が始められた。

競馬の世界ではアングロアラブはアラブ血量(アラブ種を100%、サラブレッドを0%とした時のアラブの純血の度合い)が25%以上であることが求められる。25%に満たない場合にはサラブレッド系種となる。


◆日本におけるアングロアラブ

戦前の日本において、競馬は軍需産業としての馬の生産技術向上のために存在した。軍部ははじめサラブレッドの生産を奨励したが、1929年秋、サラブレッドはひ弱(繊細菲薄)であるとして、アングロアラブの生産をも推奨するようになり、以降盛んに生産されるようになった。

戦後は戦災復興と言う名目で多くの地方競馬場が産声を上げており、中央競馬と併せ、軍馬としての需要はなくなったにもかかわず競走馬の需要は大きくなっていた。サラブレッドよりも頑健でレース間隔が短くても能力を発揮することができ、また維持管理も比較的容易であるという特性から、在厩頭数が少なくても継続的に開催を行いやすいため、競走馬として盛んに生産が行われた。中央競馬ではシュンエイ、セイユウ、タマツバキ、地方競馬ではオグリオー、イナリトウザイ、フクパーク、ローゼンホーマといった重賞優勝馬をはじめ、平成期に入ってもトチノミネフジ、スズノキャスターなどサラブレッド種とも互角以上に渡り合う様な名馬と呼ばれる馬が数多く登場した。また、生産頭数も1960年代初頭まではサラブレッド系のそれを上回っていた。

しかし、アラブ系競走はサラ系競走と比較して賞金が低く抑えられていた事もあり、やがてサラブレッドと比べスピードの劣るアングロアラブに対する需要は薄れていくようになった。1995年年末をもって中央競馬におけるアングロアラブの競走が廃止された事をきっかけとして、さらに地方競馬においても廃止やレース数の削減が相次ぐようになると、最盛期(1972年)には約4000頭を数えたアラブ系の生産頭数は1997年に約2000頭、2004年には約100頭、2005年にはわずか78頭にまで落ち込んだ。

現在、アラブ系単独の競走は、福山競馬場、高知競馬場、荒尾競馬場で施行されている。また益田競馬場、兵庫県競馬、福山競馬場は全レースをアラブ系の競走で施行する競馬場であったが、益田は競馬場そのものが休止(事実上の廃止)、アラブのメッカと言われた兵庫でも1999年にJRA(中央競馬)との交流促進の為サラブレッドを導入後、アラブ系の在厩頭数が急減して2003年にはアラブ系のみのレース編成が不可能となった。最後までアラブ系単独で競走を続けた福山も、アングロアラブの生産頭数の激減で将来的なレース編成に支障をきたす事が明白であり、競馬場の活性化の為、中央競馬や他地区との人馬交流を促進するという観点からも、2005年10月に開かれた市議会の特別委員会で順次サラブレッドの導入をすることを決め、2005年12月4日より他競馬場からの転入馬によるサラブレッド系の競走が行われ、アラブ系のみでレースを開催する日本の競馬場はなくなった。なお、中央競馬がアラブ系競走、地方競馬が障害競走を全廃した結果、アラブの障害競走は日本から姿を消した。


◆2006年度施行された全国交流競走

全日本タマツバキ記念アラブ大賞典(福山)
※その他過去に行われたレースはアラブ系重賞レース一覧の項参照

スポンサーサイト

2006年11月06日 トラックバック(-) コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。