スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

酒井 忠正

酒井 忠正(さかい ただまさ、1893年6月10日 - 1971年2月16日)は伯爵、貴族院議員、貴族院副議長、農林大臣、中央農業会長、日本中央競馬会理事長、横綱審議委員会委員長、相撲博物館初代館長。1965年、勲一等瑞宝章を受章。

旧姫路藩主・酒井忠邦の子。1918年に京都帝国大学法学部を卒業。1923年9月に貴族院議員となり、1945年12月まで務める。阿部信行内閣にて農林大臣を務める。日本中央競馬会第3代理事長として、アジア競馬会議の開催を提唱し、1960年に実際に開催するなど日本競馬の国際的な地位向上に努めた。頼まれると断らない人柄で縁の薄い角界・プロレス界も賓客の礼をもってこの貴人を迎えている。
スポンサーサイト

2007年03月08日 トラックバック(-) コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。