スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

藤本 冨良

藤本 冨良(ふじもととみよし、1907年12月18日 - 1994年10月8日)は、元騎手(東京競馬倶楽部、日本競馬会)、元調教師(国営競馬、日本中央競馬会(JRA))。1980年11月3日、勲五等双光旭日章を受章。2004年、騎手顕彰者として殿堂入り。静岡県磐田郡岩田村出身。1924年、岩田見付補修学校卒業。息子の藤本勝彦は元騎手(JRA)。

地方競馬(旗競馬)の馬主であった父・鹿蔵が騎手になることを熱望し、また自らも騎手を志した。地方競馬の騎手を経て、1924年4月に目黒競馬場・稲葉秀男厩舎へ弟子入りし見習騎手となる。当時は厩務員、調教助手、騎手の仕事に明確な境はなく、厩舎の掃除から馬の世話まで何でもこなしたという。

1930年7月、調教管理者資格を取得し騎手兼調教師となる。1938年、リードアンで中山農林省賞典障害(秋)を勝ち、調教師として重賞初制覇。戦前は「タイヘイ氏」の通称で知られた大川義雄(大川慶次郎の父)の外厩も管理していた。

太平洋戦争末期の1944年10月に兵役につき、1946年9月に調教師として国営競馬に復帰。JRA発足以後の通算勝利数1339勝は尾形藤吉、松山吉三郎に次ぐJRA史上第3位の記録である。また、クラシックレース5つをすべて制した調教師は藤本を含め4人しかいない。

門下生には天神乗りの名騎手・蛯名武五郎がいる。師弟関係に暴力が当たり前だった時代において、弟子には暴力を振るうことは決してなかったという。

目次 [非表示]
1 成績
1.1 騎手成績
1.2 調教師成績
1.2.1 主な勝ち鞍
1.2.2 受賞
2 門下生



[編集] 成績

[編集] 騎手成績
資料がなく不明


[編集] 調教師成績
9054戦1339勝(JRA発足以後)、重賞63勝(JRA発足以後は48勝)


[編集] 主な勝ち鞍
天皇賞(春)(1956年メイヂヒカリ、1961年ヤマニンモアー、1965年アサホコ、1968年ヒカルタカイ)
有馬記念(1956年メイヂヒカリ)
東京優駿(日本ダービー)(1954年ゴールデンウェーブ、1957年ヒカルメイジ、1967年アサデンコウ)
皐月賞(1948年ヒデヒカリ、1956年ヘキラク)
菊花賞(1955年メイジヒカリ)
桜花賞(1955年キヨタケ、1959年ケンホウ)
優駿牝馬(オークス)(1962年オーハヤブサ)
宝塚記念(1968年ヒカルタカイ)
中山大障害(秋)(1962年ライトリア)

[編集] 受賞
最多勝利調教師(全国)(1970年、1971年)
最多勝利調教師(関東)(1954年、1970年、1971年)
優秀調教師賞等16回受賞

[編集] 門下生
蛯名武五郎
清水美波
嶋田潤
町屋幸二
竹内玄
坂内光雄
横山登
松尾兵治
清水利章
スポンサーサイト

2007年03月08日 トラックバック(-) コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。