スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

増沢 末夫

増沢 末夫(ますざわ すえお、1937年10月20日 - )はJRA(日本中央競馬会)所属の調教師、元騎手。北海道生まれ。

因みに、増沢末夫では無く増澤末夫が戸籍上の表記である[1]。

目次 [非表示]
1 略歴
2 騎手時代の主な騎乗馬
3 調教師時代の主な管理馬
4 歌
5 著書
6 脚注
7 関連項目



[編集] 略歴
1957年に騎手デビュー。1992年に引退するまでの通算成績は12780戦2016勝と素晴らしい成績であった。その中身は東京優駿(日本ダービー)2勝[2]や中央競馬所属の騎手としては初となる通算2000勝を達成するなど「鉄人」の愛称で親しまれた。

特にハイセイコーとのコンビでは競馬ブームを巻き起こし『さらばハイセイコー』という曲を自ら歌いレコードを出すなど一世風靡した[3]。

逃げ戦法を得意とし、しばしば大逃げを打ち穴をあけたことから「逃げの増沢」の愛称が定着。まだ実力のない逃げ馬でも、増沢が乗ると人気になる現象もみられた。小回りコースが多く逃げが決まりやすいローカル開催での活躍も目立ち、特に福島競馬場でのレースでは「増沢の庭」と呼ばれるほどの圧倒的な強さを誇った。

引退後は調教師に転身。1993年に厩舎を開業した。開業初年度にいきなり重賞を制覇するなど、流石と思わせるの一面も見られたが、調教師としてはまだ中央競馬のGIを勝つまでには至っていない。しかしながら、交流GIは2005年にかしわ記念をストロングブラッドで制している。所属騎手に増沢由貴子(旧姓:牧原)がおり、息子の真樹(調教助手)の夫人である。


[編集] 騎手時代の主な騎乗馬
アサデンコウ(東京優駿)
イシノヒカル(菊花賞、有馬記念)
ハイセイコー(皐月賞、宝塚記念)
ハワイアンイメージ(皐月賞)
ダイナガリバー(東京優駿、有馬記念)
ユキノサンライズ(中山記念、中山牝馬ステークス、フラワーカップ)
又、優勝こそしていないもののオグリキャップ(天皇賞(秋)、ジャパンカップ)にも騎乗している。


[編集] 調教師時代の主な管理馬
ダイワテキサス(オールカマー、中山記念)
ストロングブラッド(かしわ記念)
ダイワパッション(フィリーズレビュー)
ユキノサンロイヤル(日経賞)
ダイワカーソン(京王杯3歳ステークス)
レイズスズラン(さきたま杯、彩の国浦和記念)

[編集] 歌
さらばハイセイコー(1975年1月1日、45万枚)2000年8月23日『さらばハイセイコー 完全追悼盤』も発売。
ハイセイコーよ元気かい(1975年4月1日、14万枚)
いななけカツラノハイセイコ(1979年、7万枚)

[編集] 著書
鉄人ジョッキーと呼ばれて

[編集] 脚注
^ 戸籍上では旧字体の澤を使用。詳細は戸籍上の表記を使用する地方競馬全国協会のデータ情報を参照の事。
^ 1勝目はアサデンコウで勝ったもので、以外にもこれが初重賞制覇だった。2勝目はダイナガリバーで勝ったもので、史上最年長のダービー勝利騎手、同時に史上最年長のクラシック勝利騎手となった。
^ 2000年にNHKの『思い出のメロディー』に出演して歌ったが、ハイセイコーの死の直後だったため、名実ともに思い出のメロディーになってしまった。

[編集] 関連項目
増沢由貴子(義理の娘)
武邦彦(同期生)
スポンサーサイト

2007年03月08日 トラックバック(-) コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。