スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

松田 国英

松田 国英(まつだ くにひで、1950年9月28日 - )は日本中央競馬会 (JRA) の調教師である。栗東トレーニングセンター所属で、競馬ファンからは松国と呼ばれることが多い。


[編集] 来歴
北海道の競走馬を生産する牧場の息子として生まれる。競馬専門紙のトラックマン、伊藤修司厩舎などでの調教助手を経て、1995年に調教師免許を取得。

初出走は1996年11月30日の中京競馬第4競走でのタニノポリシー(10着)。初勝利は1997年2月8日の小倉競馬第2競走でのタニノマウナケア(延べ28頭目)であった。


[編集] こだわりと批判
1600mと2400m異なる距離のGIで好走すれば、引退後に種牡馬としての価値が高まると考えており、3歳時にはNHKマイルカップから東京優駿というローテーションを採用することが多い。2001年にクロフネで初めて挑み、NHKマイルカップで優勝するが東京優駿では5着。翌2002年のタニノギムレットの場合は、皐月賞3着の後NHKマイルカップで3着に入り、東京優駿で優勝した。そして2004年、キングカメハメハでついに両GIを制覇した。なお、日本の現役調教師で東京優駿を2勝しているのは松山康久と瀬戸口勉、松田の3人だけである。また、2006年にもフサイチリシャールが同様のローテーションを取った(皐月賞5着、NHKマイルカップ6着、東京優駿8着)。3歳の秋のローテーションではクラシック路線の菊花賞には拘らず、クロフネやキングカメハメハなどは天皇賞(秋)を目指していた。

藤沢和雄や山内研二らと同様に、「馬の調子がいいときにはどんどん使う」という考えの持ち主でもあり、短期間で数多の重賞優勝馬を輩出したが、クロフネ、タニノギムレット、キングカメハメハが古馬になる前に故障で引退してしまったことや、ハードなローテーションを採用することで、一部の競馬ファンからは「馬壊し屋」として批判の対象となっている。


[編集] 代表管理馬
クロフネ(ジャパンカップダート、NHKマイルカップ)
タニノギムレット(東京優駿)
キングカメハメハ(東京優駿、NHKマイルカップ)
ダイワエルシエーロ(優駿牝馬)
フサイチリシャール(朝日杯フューチュリティステークス)
スポンサーサイト

2007年03月08日 トラックバック(-) コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。