スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

松永 幹夫

松永 幹夫(まつなが みきお、1967年4月10日 - )は日本中央競馬会(JRA)の元騎手で、現在は調教師である。血液型はO型、熊本県合志市(旧・菊池郡西合志町)出身。

童顔で甘いマスクを持ち、デビュー直後から女性ファンが多くついた。いわゆるアイドル視される騎手のはしりで、競馬場に多くの若い女性が訪れるきっかけともなった。名前をもじってミッキーという愛称でも呼ばれる。

目次 [非表示]
1 来歴
2 成績
2.1 騎手成績
2.2 GI競走勝利一覧及び当該競走における騎乗馬(年度別)
2.3 表彰歴
3 エピソード



[編集] 来歴
JRAの競馬学校の第2期生。1986年にデビュー。同期には横山典弘、熊沢重文らがいる。初騎乗は1986年3月1日、阪神競馬第1競走のインターアビリティで、13頭立ての12着だった。初勝利は同年3月23日、阪神競馬第7競走で、ツルマイスワローに騎乗してものであった。

1988年の函館3歳ステークスをサザンビーナスで制して重賞初勝利。1991年にはイソノルーブルで優駿牝馬(オークス)を制しGI初勝利。

その後も活躍を続けるがゼネラリストの調教中に落馬事故で腎臓を摘出し、休養に入る。復帰後、1996年の第1回秋華賞をファビラスラフインとのコンビで快勝。翌1997年には、キョウエイマーチに騎乗して桜花賞に勝利。しかも同期で後に二冠牝馬となるメジロドーベルを破ってのものである。秋シーズンでも秋華賞をメジロドーベルの2着、マイルチャンピオンシップでもタイキシャトルの2着と好走した。

2000年にはチアズグレイスで桜花賞を、ファレノプシスでエリザベス女王杯を制した。現役騎手時代に牝馬限定GIで勝てなかったレースは、2歳GIの阪神ジュベナイルフィリーズのみであった。

このように牝馬限定重賞で活躍することが多いため「牝馬の松永(ミキオ)」と呼ばれることもある。また、ダートの短距離での逃げ・先行のうまさには定評がある。その反面、(腰痛の持病もあり)追込脚質の馬を苦手とした。1997年の牡馬クラシックで主役を張ったメジロブライトはまさにその典型で、勝てたのはラジオたんぱ杯3歳ステークスと共同通信杯4歳ステークスのみで、本番ではサニーブライアン(皐月賞、東京優駿)とマチカネフクキタル(菊花賞)に敗れ、松永も菊花賞を最後にメジロブライトの鞍上を下りることとなる。(菊花賞の次走からは河内洋が騎乗)

かといって牡馬がまったくダメだったというわけではなく、ダートで活躍したカネツフルーヴやレギュラーメンバー、素質は認められながら脚部不安で大成し切れなかったマイシンザンなども松永が騎乗していた。

2005年にはヘヴンリーロマンスに騎乗し、天皇賞(秋)を制した。これは松永自身、牝馬限定以外では初のJRAGI勝利(※1)である。所属厩舎でのJRAGI初勝利、エアグルーヴ以来の牝馬の天皇賞制覇、3連単の配当が100万円を超えるなど、記録ずくめの勝利となった。またこの競走は、日本の中央競馬史上初めて、天覧競馬として施行され、ヘヴンリーロマンスで優勝を決めた後、メインスタンドの特設会場で観戦した今上天皇・皇后に向かい、馬上から(※2)、ヘルメットを脱いで敬礼をした。レース後、「天皇賞も牝馬で勝ったのが自分らしい」とコメントした。

2006年度JRA調教師試験に合格したためわずか38歳で鞭を置くこととなった。調教師試験は競馬関係者にとっても非常に難関な試験として有名である(中には10回以上受験した者もいる)が、わずか1回の受験で見事に合格した。本人としては、若くて元気のある内に調教師になりたかったと語っているが、2007年に自分の所属する山本正司調教師が定年により厩舎を解散することが決定していたことも大きいといわれている。

騎手としての最終騎乗日となった2006年2月26日の阪急杯でブルーショットガンに騎乗、出走馬14頭中11番人気という低人気だったが見事優勝し、続く最終競走でもフィールドルージュで勝利。引退レースにてJRA通算1400勝を飾るというあまりにも劇的な有終の美を飾った。最終騎乗日に重賞に勝ったのは1975年2月16日の野平祐二が目黒記念でカーネルシンボリに騎乗して勝利した例がある。

2007年2月で引退した師匠の山本の後を継ぎ、3月1日に厩舎を開業。3月4日の阪神競馬場でダノンシャトルで厩舎開業後、初めてレースに出走した(鞍上は四位洋文騎手)。道中は先行したが、直線で伸びきれず5着に終わった。


[編集] 成績

[編集] 騎手成績
JRA通算 12416戦1400勝(うち重賞54勝、GI6勝)
地方競馬通算 191戦32勝(うちGI5勝)

[編集] GI競走勝利一覧及び当該競走における騎乗馬(年度別)
(カッコ内は騎乗馬名。また、斜字は統一GIを指す)

1991年
優駿牝馬(イソノルーブル)
1996年
秋華賞(ファビラスラフイン)
1997年
桜花賞(キョウエイマーチ)
2000年
桜花賞(チアズグレイス)、ダービーグランプリ(レギュラーメンバー)、エリザベス女王杯(ファレノプシス)
2001年
川崎記念(レギュラーメンバー)、JBCクラシック(レギュラーメンバー)
2002年
帝王賞(カネツフルーヴ)
2003年
川崎記念(カネツフルーヴ)
2005年
天皇賞(秋)(ヘヴンリーロマンス)

[編集] 表彰歴
関西放送記者クラブ賞(新人騎手賞) - 1986年
優秀騎手賞(勝利度数部門) - 1987年、1989年、1991年、1995年、1997年、2000年
優秀騎手賞(勝率部門) - 1989年、1997年
優秀騎手賞(賞金獲得部門) - 1989年、1997年、2000年
フェアプレー賞(関西) - 1987年、1992年~1994年、1997年~2001年、2004年

[編集] エピソード
牝馬のミッキーと言われているが実際に「この馬はGIを勝てる」と意識したのは1987年、藤森特別のある芦毛馬(タマモクロス)であるらしい。しかし、その馬は南井克巳が主戦騎手だったのであきらめざるを得なかったとか。
武豊とともに子供が生まれない夫婦として有名だったが、2005年に双子が誕生し、父親となった。
1000勝で調教師試験の一次試験が免除となる規定が廃止された2003年以降、調教師試験を一発合格した1000勝以上の現役騎手は松永が初めてである。
騎手として最後の騎乗となった2006年2月26日は、出身地である熊本県西合志町が隣の合志町と合併し合志市となるのに伴い、西合志町として最後の日でもあった。
※1 ダートグレード競走では、カネツフルーヴ(帝王賞、川崎記念)、レギュラーメンバー(ダービーグランプリ、川崎記念、JBCクラシック)と山本正司厩舎所属の牡馬でGIを勝利している。
※2 騎乗馬が故障した場合を除き、競走後にコース内で騎手が下馬することは禁止されている。
スポンサーサイト

2007年03月08日 トラックバック(-) コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。