スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

松山康久

松山康久(まつやま やすひさ 1943年9月4日-)は東京都出身の日本中央競馬会所属の調教師である。 父は元調教師の松山吉三郎。

三冠馬ミスターシービーをはじめ、ウィナーズサークル、ジェニュインなど多くの名馬を手がけた。

目次 [非表示]
1 来歴
2 成績
3 主な管理馬
4 受賞



[編集] 来歴
1966年父・吉三郎の厩舎で調教助手となる。その後1974年に調教師免許を取得し、開業。

初出走は1976年3月6日2回中京7日目第9レースでラスティー(3着)。 初勝利は同年5月3日3回東京1日目第2レースでクロバーウィング(延べ11頭目)。 重賞は1977年の朝日杯3歳Sをギャラントダンサー(吉永正人騎乗)で初勝利。

クラシックは日本ダービーを2勝(ミスターシービー、ウィナーズサークル)、皐月賞を2勝(ミスターシービー、ジェニュイン)している。

父の門下生である吉永正人、竹原啓二を主戦として騎乗させていた。現在は柴田善臣、横山典弘、後藤浩輝の起用が多い。


[編集] 成績
6022戦854勝(重賞36勝) ―2007年3月7日現在


[編集] 主な管理馬
※カッコ内は主な勝ち鞍

ミスターシービー(三冠馬)
ウィナーズサークル(日本ダービー)
ジェニュイン(皐月賞、マイルCS)
ギャラントダンサー(朝日杯3歳S)
ワシントンカラー(ガーネットS、根岸S)
ダイワレイダース(七夕賞)現役
クロカミ(京王杯AH府中牝馬S )
ニフティニース(セントウルS、関屋記念)

[編集] 受賞
調教技術賞(関東)・・・1979年~1982年
最優秀調教師賞・・・1983年
優秀調教師賞(関東)・・・1985年~1987年、1989年、1990年、1992年~1994年、1996年~1998年、2000年、2002年。2003年
JRA賞(最多勝利調教師)・・・1994年
最多勝利調教師賞・・・1994年
スポンサーサイト

2007年03月08日 トラックバック(-) コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。