スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

南井 克巳

南井 克巳(みない かつみ、1953年1月17日 - )は愛知県刈谷市出身の日本中央競馬会(JRA)の元騎手で現在は調教師。騎手としての成績は13120戦1527勝。名が示すとおり、巳年の生まれ。騎手の南井大志は長男。


[編集] 来歴
地元刈谷の祭り「万燈祭」で饗される古式競馬に惹かれ、騎手に憧れるようになる。隣町(愛知県豊明市)にある中京競馬場の厩舎に通い、工藤嘉見調教師に声をかけられ、1970年に騎手見習いとして入門する。
1971年騎手としてデビューする。
一時期、「大舞台」にも恵まれず、勝利数も上積みがないことからスランプに陥り引退も考えたという。
1978年宇田明彦厩舎に転属。
1987年小原伊佐美調教師からタマモクロスの騎乗を依頼される。このことが今後の南井の方向性を位置づける。タマモクロスは1987年の夏までは単なる条件馬にすぎなかったが、秋になると頭角を現し、条件戦をクリア、重賞初挑戦となる鳴尾記念を制し、翌1988年には金杯・西、阪神大賞典、天皇賞(春)、宝塚記念、天皇賞(秋)と6連勝を果たす。その後ジャパンカップと有馬記念は惜しくも2着だったが、連を外すことはなかった。後に南井も騎乗するオグリキャップとの死闘は競馬ブームのさなか、今まで見向きもされなかった芦毛の馬が脚光を浴びるようになる。
タマモクロスの騎乗により南井にも有力馬の騎乗依頼が多くなった。中でも特筆すべきはオグリキャップの全盛期と言うべき数え5歳秋の年の騎乗である。毎日王冠でのイナリワンとの死闘、天皇賞(秋)でのスーパークリークへの敗北(オグリは敗戦の悔しさのあまり、勝ったスーパークリークを睨み付けたまま動かなかったという)、マイルチャンピオンシップでの、絶望的な位置からの差し切り(南井はその勝負根性に感涙した)、連闘で迎えたジャパンカップでの世界レコードの激走など、「豪腕」と言われた南井は根性を剥き出しにして走るオグリキャップとは相性が良かった。多数の名手を鞍上に迎えたオグリキャップにとってもベストパートナーと言えただろう。
1993年、大久保正陽調教師から「まだダービーとったことないよね?」と言われてナリタブライアンへの騎乗を依頼され(大久保はこの発言を「トップジョッキーに対してそのような失礼なことは言わない」と否定している)、主戦騎手となる。翌1994年、ナリタブライアンは史上5頭目となるクラシック三冠の栄光に輝いた。
1994年年間GI5勝(ナリタブライアンで4冠+マーべラスクラウンでジャパンC)の大活躍で、JRA賞特別賞・日本プロスポーツ大賞殊勲賞を受賞した。また、年末の紅白歌合戦に審査員として出演。
1998年には悲運の名馬といわれたサイレンススズカへの代打騎乗で宝塚記念を制し、この馬唯一のGIタイトルをとった。
1999年に騎手を引退し、調教師となる。引退レースは自らの出発点であった中京競馬場で迎え、当日メイン、且つ自身のラストランであった準オープン白川郷ステークスでは、見事リキアイワカタカを一着に持ってきて有終の美を飾った。この時現場で見守ったファンは、あたかもGIレースと見まごうばかりの大歓声で彼を送っている。
2000年工藤嘉見厩舎を引き継ぎ、ウイングアローで第1回ジャパンカップダートを制す。騎手としてGIを制覇するまでは18年もの歳月を要したが、調教師としては1年目からGIを制した。

[編集] 主な騎乗馬
タマモクロス(1988年天皇賞(春)、宝塚記念、天皇賞(秋))
オグリキャップ(1989年マイルチャンピオンシップ)
バンブービギン(1989年菊花賞)
ハクタイセイ(1990年皐月賞)
イブキマイカグラ(1990年阪神3歳ステークス)
エルウェーウィン(1992年朝日杯3歳ステークス)
ナリタブライアン(1993年朝日杯3歳ステークス、1994年 皐月賞、東京優駿、菊花賞、有馬記念)
マーベラスクラウン(1994年ジャパンカップ)
マチカネフクキタル(1997年菊花賞)
サイレンススズカ(1998年宝塚記念)

[編集] 主な管理馬
ウイングアロー(2000年ジャパンカップダート)
タマモホットプレイ(2004年スワンステークス、2006年シルクロードステークス)
ビッグプラネット(2005年アーリントンカップ、2006年京都金杯)
スポンサーサイト

2007年03月08日 トラックバック(-) コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。