スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

森 秀行

森 秀行(もり ひでゆき、1959年3月12日 - )は大阪府出身の日本中央競馬会(JRA)の調教師。栗東トレーニングセンター所属。

戸山為夫厩舎で厩務員、調教助手を経て1993年に調教師免許を取得し、師匠である戸山の死去に伴い同厩舎を引き継いで開業。初出走は同年9月25日の中山競馬第9競走でのミツルマサル(9着)、初勝利は10月24日の東京競馬第9競走でのミツルマサル(延べ7頭目)であった。なお、厩舎引き継ぎに際し、故障休養中であった所属馬ミホノブルボンは転厩した。

無駄を省いた合理的な育成と出走レース選びで数々の名馬を育て上げ、開業2年目でJRA賞(最高勝率調教師・優秀技術調教師)を受賞するほか、2001年には最多勝利調教師になるなど、トップ調教師の一人に挙げられる。また、海外や地方にも積極的に遠征し、1995年(香港国際カップ)でのフジヤマケンザンの勝利は日本調教馬による36年ぶりの海外重賞制覇であった。そして1998年にはモーリス・ド・ゲスト賞をシーキングザパールで勝ち、日本競馬界の長年の悲願であった日本調教馬による初の海外GI制覇を果たす。また、エアシャカールでは二冠を達成している。


[編集] 主な管理馬
レガシーワールド(1993年ジャパンカップ優勝)
フジヤマケンザン(1995年香港国際カップ優勝)
シーキングザパール(1997年NHKマイルカップ、1998年モーリス・ド・ゲスト賞優勝)
アグネスワールド(1999年アベイユ・ド・ロンシャン賞、2000年ジュライカップ優勝)
エアシャカール(2000年皐月賞、菊花賞優勝)
ノボトゥルー(2001年フェブラリーステークス優勝)
ノボジャック(2001年JBCスプリント優勝)
スターキングマン(2003年東京大賞典優勝)
スポンサーサイト

2007年03月08日 トラックバック(-) コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。