スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

山内 研二

山内 研二(やまうち けんじ、1949年6月30日 - )は中央競馬・栗東トレーニングセンター所属の元騎手で現在は調教師。宮崎県出身。


[編集] 経歴
1970年に騎手候補生としてデビュー。1974年に正式に騎手としてデビューした。デビュー当時は関東の松山吉三郎厩舎所属だったが、1975年に関西の田中良平厩舎に所属を変更した。

ただし騎手としては大成できず、15年間の騎手生活で61勝(うち重賞1勝)しか挙げることが出来なかった。その後、1986年に調教師免許を取得した。しかし開業が遅れ1989年にようやく開業すると、2年目の1990年に東京障害特別(秋)をシンクロトロンで制覇し重賞初制覇、さらに優秀調教師賞も受賞した。その後もコンスタントに勝利数を積み重ねていく。そしてダンツシアトルで1995年の宝塚記念を制覇し調教師としてGIを初制覇。さらに翌年イシノサンデーで皐月賞も制した。この頃から、牡牝ともにクラシック路線での活躍馬を多数送り出すようになる。早い段階での活躍馬が多いのは2歳時の夏に積極的に管理馬を出走させるためで、若駒の仕上げには定評のある調教師と呼ばれるようになった。

注目馬こそ送り出すのだが、クラシックにはなかなか手が届かなかった。しかし2000年にチアズグレイスが桜花賞を制覇する。同馬は同世代の勝ち上がり第1号でもあった為、山内の手腕が存分に発揮された馬でもある。この桜花賞は同じく管理していたシルクプリマドンナが3着、サニーサイドアップが5着に入り管理馬が掲示板5頭中3頭を占めた。続く優駿牝馬で、今度はシルクプリマドンナが制覇し、さらに2着に桜花賞馬のチアズグレイスが入り、見事にワンツーを決めた。

2002年にはダンツフレームで宝塚記念を制覇、その後もクラシック路線を中心に多数の活躍馬を送り出している。手腕は前述のとおりで、これまでに10回優秀調教師賞を受賞している。


[編集] 特徴
夏の北海道開催の2歳新馬戦には必ずといっていいほど管理馬を送り出している。これが翌年のクラシック路線において活躍馬を多く送り出している要因でもある。同世代の勝ち上がり第1号だったチアズグレイスが桜花賞を制覇するなど若駒の活躍は顕著である。
主戦は藤田伸二の起用が多い。また安藤勝己や池添謙一などここ一番で勝負強い騎手を起用する傾向にある。武豊の起用は栗東所属調教師にしてはやや控えめであるが、ここ一番になると起用することがある。逆に若手騎手を起用することが少なく、所属の武英智を起用することも少ない。
ピンク色のメンコを所属馬に被せている。このメンコには山内家の家紋が描かれている。非常に目立つ色なのでレース中など遠目からでも見分けられる。管理馬はほとんどがメンコを被っているが、流星が目立つ馬や特徴的な馬には被せない事がある。
スポンサーサイト

2007年03月08日 トラックバック(-) コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。