スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

吉永 正人

吉永 正人(よしなが まさと、1941年10月18日 - 2006年9月11日)は鹿児島県出身の元騎手・調教師。作家の吉永みち子は前夫人。実弟の吉永良人は元騎手、長男の吉永護も騎手。

豪快なレース振りからか、寺山修司のエッセイに頻出した。寺山はミスターシービーの優勝した皐月賞後に死去しており、吉永の絶頂時は見られなかったことになる(しかし寺山は同馬の三冠を予言し、その予言通りとなった)。


[編集] 略歴
1957年(昭和32年)騎手候補となる。
1961年(昭和36年)に松山吉三郎厩舎(東京-美浦・松山康久調教師の父)に所属し、3月11日ダイサンハイツに初騎乗し3着。初勝利は11月25日第10レースでのエビスクラウン。
見習騎手時代には、フェアーウインに2回騎乗して2回勝利を果たしている。
1976年(昭和51年)ミスターシービーの母、シービークインに騎乗。4歳牝馬特別(オークストライアル 現フローラステークス)で優勝。
1977年(昭和52年)シービークインにて初秋ステークス、毎日王冠優勝。
1978年(昭和53年)シービークインにて京王杯スプリングハンデに優勝。
1979年(昭和54年)シービークロスにて金杯(東)、目黒記念、毎日王冠と重賞3勝。
1980年(昭和55年)モンテプリンスでNHK杯優勝。東京優駿(日本ダービー)で一番人気となるもオペックホースの首差2着に惜敗する。菊花賞も2着惜敗。
1982年(昭和57年)京都競馬場第85回天皇賞(春)をモンテプリンスで優勝し最初の八大競走のタイトルを獲得する。同馬で同年の宝塚記念も優勝している。
1982年(昭和57年)11月6日ミスターシービーの東京競馬場の新馬戦に騎乗し2着のヒラタカエイコー以下を抑え優勝。同馬の引退式までに、主戦騎手を務めている。
1983年(昭和58年)皐月賞・日本ダービー・菊花賞の三冠レースを、この年の年度代表馬に選ばれた、ミスターシービーに騎乗し、優勝騎手となっている。
1984年(昭和59年)4月29日に開催された第89回天皇賞(春)をモンテファストで優勝。モンテプリンスとの兄弟制覇を果たしている。
1984年(昭和59年)10月28日に東京競馬場で行われた、第90回天皇賞(秋)は、2000メートルに短縮された最初のレースで、ゼッケン13番を付けたミスターシービーに騎乗し、1分59秒3のレコードタイムで、優勝。ミスターシービーの4冠達成に貢献した。また、自身の天皇賞春秋連覇も果たしたことになる。
1985年(昭和60年)ダイナガリバーの新馬戦に騎乗し2戦目で優勝。以降、馬主サイドの意向で増沢末夫に騎乗が交代される。引退の遠因になったと噂された。
ミスターシービーが、種牡馬となった年の1986年(昭和61年)の3月9日に、25年間送ってきた、騎手生活にピリオドを打ち引退、その後、松山吉三郎調教師の下で、調教助手を務める。
1989年(平成元年)に調教師免許試験に合格と同時に調教師となり、待望の吉永正人厩舎を美浦トレーニングセンターに開業。ヨコハマヨウコを第1号に、多くの管理馬が在厩する厩舎の調教師として管理運営に当たり、1998年には中山大障害(秋)をビクトリーアップで制している。
2006年(平成18年)9月11日、胃癌のため死去。享年64。調教師としての通算成績は3586戦199勝であった。

[編集] 特徴
吉永が騎乗で勝利した馬は、最初は殿かその付近ににわざと下げて第4コーナーから最後の直線で一気に抜け出す戦法が多く、VSOP=ベリー・スペシャル・ワン・パターンと言われた。この吉永独特の戦法は一部ファンからは『最後方強襲戦法』と言われた事がある。シービークロスやミスターシービーも吉永のこの方法で勝利した。但し、吉永は追い込み戦法しか出来ないと言う訳では無く、ミスターシービーの母・シービークインの時は逃げ戦法で3つの重賞を制し、モンテプリンスの時には(柄じゃ無い戦法故か、ダービー2着等と取りこぼしが多いが)模範的な先行抜け出し戦法で結果を出している。


[編集] その他
吉永は騎手時代は50kgを超える体重になっていたことが何度かある(騎手で体重50kgを超えているのは当時でも極めて珍しい)。このため、幾度となく自ら減量を実行していた。

スポンサーサイト

2007年03月08日 トラックバック(-) コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。