スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

中野 栄治

中野 栄治(なかの えいじ、1953年3月31日 - )は中央競馬・美浦トレーニングセンター所属の調教師。東京都出身だが生まれは大分県。

目次 [非表示]
1 経歴
2 アイネスフウジンと中野
3 成績
3.1 記録年表
4 関連項目



[編集] 経歴
1971年に美浦の荒木静雄厩舎所属の騎手としてデビュー。1976年のきさらぎ賞(スピリットスワプス)で重賞初勝利。1981年からフリーに。


[編集] アイネスフウジンと中野
騎手時代の代表馬といえば、やはりアイネスフウジンが挙げられる。1989年の朝日杯3歳ステークスで、マルゼンスキーが記録した1分34秒4のレコードタイで勝利した。このため、クラシックレースでも期待されたが、皐月賞では出遅れが響きハクタイセイの3着に敗れる。このため、様々な方面から騎乗に対する批判や馬の距離の限界がささやかれたが、その批判は東京優駿(日本ダービー)で打ち消した。速いペースで最初から逃げ、2分25秒3のレースレコードで逃げ切った。2分25秒台で日本ダービーを勝った馬は過去に居らず、記録が破られるのは実に14年後の事だった。この快挙に東京競馬場に詰めかけた約20万の観客から「ナカノ!ナカノ!」と中野コールがわき起こった。競馬場でGIレースの勝利騎手、勝利馬にコールが起きるのは、この時以来とされている。

当時、中野は年間勝ち星が1桁で、体重管理を怠っており、騎乗する馬がほとんど居ない状況だった。加藤修甫調教師は最後の一花を咲かせてやりたいと思ったのか、「ダービーを勝つ馬に乗ってみないか?」と中野に声をかけ、厩舎のエース格だった中舘英二を差し置いて、アイネスフウジンへの騎乗を依頼したといわれる。

騎乗フォームが美しい騎手としても知られ、自らもそれをアピールポイントにしていた時期もある。

1995年にJRA調教師免許を取得し騎手を引退。通算成績3670戦370勝(うち重賞16勝)。

美浦所属の調教師となる。2001年に管理馬のトロットスターで高松宮記念、スプリンターズステークスを制する。


[編集] 成績
騎手成績 3670戦370勝


[編集] 記録年表
1995年、JRA調教師免許取得。3月開業。初出走は3月10日1回中京4日目3Rエータイムの7着。
 6月9日1回札幌2日目1Rエータイムで延33頭目にして初勝利。

2000年、トロットスターで初重賞(CBC賞)制覇
2001年、トロットスターで高松宮記念、スプリンターズステークスと GI レースを初制覇とともに2勝する。
スポンサーサイト

2007年03月08日 トラックバック(-) コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。