スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

内藤 繁春

内藤 繁春(ないとう しげはる、1931年1月12日 - )は元騎手、元調教師(中央競馬・栗東トレーニングセンター所属)。愛知県。

目次 [非表示]
1 経歴
2 成績
2.1 記録年表
3 関連項目



[編集] 経歴
1950年に美浦の鈴木信太郎厩舎所属の騎手見習としてデビュー。1952年に騎手となる。初騎乗は1952年9月14日のスターランド(7着)。初勝利は1955年2月20日にリンコンで挙げた。その後1954年に千倉政雄厩舎、1956年に久保道雄厩舎、1958年に日迫清厩舎、1960年に義兄の鈴木和雄厩舎に移籍。1965年、1966年の宝塚記念を連覇する等の活躍をした。

1968年に義兄の鈴木和雄調教師が急死したため、騎手として現役がまだまだ続けられる状況だったが調教師に転身。 1970年に京都牝馬特別をクニノハナで制し重賞初勝利。1979年にはハシハーミットで菊花賞優勝。話題になったのは1991年の有馬記念のダイユウサクである。15頭立ての14番人気で出走し,最後の直線で大本命だったメジロマックイーンを差しきり、さらに従来のレコードを一気に1秒1も縮めるレコード勝ちを見せて、世紀の番狂わせを演じた。

調教師の定年が70歳であったが、騎手には定年が定められていない。そこで2000年には69歳ながら千葉県白井町の競馬学校で行われた新規騎手試験を受験した。若くして転身した騎手にもう一度復帰しようという試みは様々な方面から応援の声を受けた。だが1次試験の学科試験に手こずり、走路試験、障害試験でも馬を止められなかったり指定されたコースを回れない等、約30年振りの騎手再挑戦は厳しいものであった。結局、騎手の試験には不合格となり、調教師を引退した。


[編集] 成績
騎手成績 2926戦307勝(平地 2710戦290勝、障害 216戦17勝)

調教師成績 11201戦893勝(平地 10126戦769勝、障害 1075戦124勝)、重賞25勝


[編集] 記録年表
1968年、JRA調教師免許取得。3月開業。初出走は3月2日2回京都3日目2Rカズミツの5着。
 3月3日2回京都4日目10Rグレースタイバーで延9頭目にして初勝利。

1970年、クニノハナで初重賞(京都牝馬特別)制覇。
1979年、ハシハーミットで菊花賞制覇(当時はグレード制導入前)。
1991年、ダイユウサクで有馬記念制覇。
1996年、エイシンワシントンがスプリンターズステークスに出走、わずか1cm差で制覇ならず。
2000年、調教師の定年を控え、騎手試験を受験するも不合格。引退。
スポンサーサイト

2007年03月08日 トラックバック(-) コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。