スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

厩舎

厩舎(きゅうしゃ)は、競馬において、調教師が管理する施設・組織の総称として用いられる言葉である。競走馬と調教師の管理関係を表わす際に多く用いられ、たとえば「競走馬Aの管理調教師はB」という表現の代わりに「競走馬AはB厩舎所属」という表現が用いられる。

中央競馬においては、厩舎は美浦トレーニングセンター、栗東トレーニングセンター内にある。厩舎には日本中央競馬会(JRA)から最大24の管理馬房が与えられる。

地方競馬においては、別にトレーニングセンターを設けそこに厩舎を置く場合もあるが、多くは競馬場に併設されている。また最近では、一定の条件のもとで民間の牧場や調教施設を利用して調教が行われる場合もある。(外厩と呼ばれる。)

厩舎では調教師のほか、厩務員や調教助手が競走馬の管理にあたる。また、厩舎に騎手が所属する場合もある。

ちなみにかつての中央競馬においては、厩舎を開業するためには調教師免許を取得するだけでなく、一定数の管理馬をあらかじめ確保する必要があった。現在ではトレーニングセンター全体の管理馬馬房数の空きに応じて、免許取得者に順次開業が許可される。しかし、開業待ちの調教師の人数に対して定年などで引退する調教師の人数が少ない年もあり、この様な時には馬房の空きが不足することがあり、その場合厩舎の開業を数年待たされるケースも発生している。
スポンサーサイト

2006年11月06日 トラックバック(-) コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。