スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

武田 文吾

武田 文吾(たけだぶんご、1908年2月19日(1907年12月28日説もあり) - 1986年12月3日)は、元騎手(京都競馬倶楽部、阪神競馬倶楽部、日本競馬会、国営競馬)、元調教師(阪神競馬倶楽部、日本競馬会、国営競馬、日本中央競馬会(JRA))。北海道石狩国札幌郡江別村出身。1978年11月3日、勲五等双光旭日章を受章。1986年、正六位叙位。息子の武田博はJRAの元騎手・現調教師。名馬シンザンの鞍上としてクラシック三冠を制した元騎手・元調教師の栗田勝は娘婿。

尾形藤吉とともに「東の尾形、西の武田」と並び称された名調教師。タケブン、ブンテキなどの愛称で親しまれた。五冠馬シンザン・二冠馬コダマ・牝馬二冠馬ミスオンワードなどの名競走馬、また栗田勝・福永洋一などの名騎手を育て、人馬両面において中央競馬、特に関西地区の競馬の発展に大きな足跡を残した。2004年、JRAの調教師顕彰者に選出され、殿堂入りした。

目次 [非表示]
1 経歴
2 成績
2.1 騎手成績
2.1.1 主な勝ち鞍
2.2 調教師成績
2.2.1 主な勝ち鞍
2.2.2 受賞
3 人柄
4 発言集
5 門下生



[編集] 経歴
父親が北海道開拓団に参加したため、北海道で生まれ育つ。10人兄弟の長男だった。父親が放蕩三昧の生活を送るようになったため、伯父(父の兄)のもとで育てられる。学業成績は優秀で小学校卒業後上級学校への進学を希望するが、武田を労働力とみなしていた伯父の反対にあってかなわず、やがて父に連れられ江別へ移住、床屋の見習いを経て1920年に父方の従兄弟、鈴木甚吉(札幌競馬場の騎手兼調教師)に弟子入りし、調教の手伝いなどをするようになる。

まもなく騎手となり、岩見沢競馬場、苫小牧競馬場、倶知安競馬場などでレースに騎乗するようになる。当時の暮らし向きは楽ではなく、将来を悲観して自殺を考えたこともあったという。やがて担当馬ハツカゼを連れ北海道に遠征中だった愛知県の厩務員・川角縫吉と出会い、その勧めで東海地方へ移動。愛知県、静岡県、山梨県などの地方競馬場を転戦した。

1928年、名古屋の馬主・卜部長作に見出され、京都競馬場の鬼頭伊助厩舎に移籍。1930年頃、当時の有力馬主であった西橋外男専属の騎手兼調教師となり鳴尾競馬場へ移籍した。1938年に日本競馬会が「調騎分離」(調教師と騎手の兼業禁止)の制度を実施して以降は、形式的には高橋政次郎厩舎、後に伊藤勝吉厩舎に所属する騎手となった。

1949年秋に騎手を引退し、翌1950年に調教師となった。その年の秋には菊花賞をハイレコードで制し八大競走に初勝利。その後もレダ、ミスオンワード、コダマ、シンザンなどの名馬を管理し、1965年には八大競走を全て制覇する偉業を成し遂げた(この記録を達成した調教師は尾形藤吉と武田のみである)。


[編集] 成績

[編集] 騎手成績
1684戦381勝、重賞80勝


[編集] 主な勝ち鞍
帝室御賞典(1934年春エツフォード、1935年春ゼネラル、1937年春ナンコウ)

[編集] 調教師成績
8897戦1277勝(JRA発足以降)


[編集] 主な勝ち鞍
天皇賞(春)(1953年レダ)
天皇賞(秋)(1965年シンザン)
有馬記念(1965年シンザン)
東京優駿(日本ダービー)(1960年コダマ、1964年シンザン)
菊花賞(1950年ハイレコード、1964年シンザン)
皐月賞(1960年コダマ、1964年シンザン)
桜花賞(1957年ミスオンワード)
優駿牝馬(1957年ミスオンワード)

[編集] 受賞
年間最多勝利調教師(1967年、1972年)
優秀調教師賞等受賞回数19回

[編集] 人柄
武田は筋の通らないことが嫌いで、かつ一徹であった。性格を物語る有名なエピソードがヒサヨシ事件である。なお、ヒサヨシ事件がきっかけとなって武田は大阪帝国大学医学部に勤務する今泉礼治と親交を深め、1979年に毎日杯で弟子の福永洋一が落馬し瀕死の重傷を負った際には、大阪大学医学部長となっていた今泉の協力により福永は一命をとりとめたと言われている。

また、俳人としても知られ、「牧人」の俳号で多くの句を残している。


[編集] 発言集
武田は「一言どころか三言多い」といわれるほど多弁で、また弁が立ったため数々の名言・格言を残した。

「体は馬の背、頭はスタンド」(騎手はレースの際、スタンドから観戦しているようなつもりでレースの流れを分析しつつ騎乗しなければならないという騎乗論)
「コダマは剃刀(カミソリ)の切れ味、シンザンは鉈(ナタ)の切れ味」(自らが手がけた名競走馬2頭の切れ味の違いについて解説した言葉)
「シンザンがそう言ったから」(シンザン引退の理由を尋ねられて)
「シンザンの名を惜しむ」(名馬は体力、気力の衰えを露呈する前に引退させるべきだという持論を表した言葉)
「ゴールは100m先にあると思え」(騎乗論。レースにおける早すぎるスパートを戒める言葉)
「名誉が欲しければ馬は使うな、ゼニが欲しければオラ知らんよ」(人間の欲で馬を過剰に走らせるべきではないというのが持論だった)
「最近の騎手は馬を走らせるのが仕事だから走らせることを覚えたほうがいいと思っている。しかし馬に乗るには並脚の時間を多くして、心と心で通い合うようになっていることが一番必要」(騎手論)

[編集] 門下生
栗田勝
福永洋一
山本正司
松本善登
渡辺栄
鶴留明雄
安田伊佐夫
柴田不二男
古野重孝
武田博
佐藤勇
スポンサーサイト

2007年03月08日 トラックバック(-) コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。