スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

武邦彦

武邦彦(たけ くにひこ、1938年10月20日 - )は日本中央競馬会の元騎手で現在は同会の調教師である。北海道出身(本籍は京都府)。騎手武豊は三男、武幸四郎は四男である。

目次 [非表示]
1 騎手時代
1.1 その他の騎乗馬
2 調教師時代
2.1 その他の管理馬
3 テレビCM出演
4 関連項目
5 脚注



[編集] 騎手時代
1957年京都競馬場武平三(武の親戚である)厩舎で騎手デビュー。1967年にのちにミホノブルボンやタニノハローモアの調教師として知られる戸山為夫厩舎に移籍。1970年には河内洋、そして息子・豊の師匠となる武田作十郎厩舎に移籍。身長が高かったため騎乗するレースは障害競走やアラブ競走がメインだった。

しかし武田作十郎厩舎に移籍後、数多くの大レースを制する。1972年にアチーブスターで第32回桜花賞を勝って初のクラシック制覇[1]。その勢いで7月9日に行なわれた第39回日本ダービーでロングエースに騎乗し優勝。一躍一流騎手としての名を高めた。

1974年の第34回皐月賞ではキタノカチドキに騎乗し優勝。この時、同馬には初めての『シード馬』となった。キタノカチドキは同年の第35回菊花賞も制する。1976年には名馬トウショウボーイに騎乗。初騎乗となった第21回有馬記念ではテンポイントを破り、年度代表馬のタイトルを獲得。翌1977年の第18回宝塚記念も制した。1980年には1000勝を達成。これは関西所属の騎手としては初めての快挙であった。1985年2月24日に引退。JRA通算勝利数は1163であった。

競馬実況の第一人者である杉本清アナウンサーは武邦彦を『名人』と称して実況した。ライバルは福永洋一[2]。ファンからは『タケクニ』・『ターフの魔術師』のあだ名で呼ばれていた。特に騎手の腕が勝負を左右する菊花賞で3勝を挙げた実績がある[3]。

ファンの事を『フアン』と発言し、しばしば『不安』と混同されたりした。


[編集] その他の騎乗馬
タケホープ (1973年の第34回菊花賞に騎乗し優勝。この時は主戦の嶋田功騎手が落馬負傷した為、ピンチヒッターで騎乗)
タカエノカオリ (1974年の第34回桜花賞で優勝)
テンポイント (主戦の鹿戸明騎手が落馬負傷した為、1976年の第43回ダービーで騎乗(レースは故障の為に7着敗退)。後にライバル・トウショウボーイの主戦になった事もあり、同馬への騎乗はこの時限り)
インターグシケン (1978年の第38回菊花賞で優勝)
リードスワロー (1978年の第3回エリザベス女王杯で優勝)
ニホンピロウイナー (河内洋のイメージが強い同馬だが、1983年のきさらぎ賞を制した時は武邦彦騎乗)

[編集] 調教師時代
1987年3月22日中京競馬第5競走でテンバハンカンで初出走(8着)。同年6月21日中京競馬第4競走に出走したサンライズサンで初勝利を挙げる。

1989年にバンブーメモリーで安田記念に優勝(騎手は岡部幸雄)。重賞初制覇がGI競走となった。因みに、バンブーメモリーは三男武豊とのコンビ[4]で1990年にスプリンターズステークス・高松宮杯[5]を制している。

また、1997年に管理するオースミタイクーンでマイラーズカップを制覇。この時は四男の武幸四郎が騎乗し、幸四郎の初勝利が重賞レースという快挙を成し遂げた。更に、2005年にエイシンテンダーでチューリップ賞を制覇。これが騎乗した幸四郎の通算400勝達成となった。

因みに、オリビエ・ペリエが1995年に初来日した際の身元引受人でもあった。

また、1997年の第58回の菊花賞ではトライアルの神戸新聞杯・京都新聞杯の両競走を制したマチカネフクキタルを指し「俺が乗ったら勝つ」と言い、かつての名人と称された騎手としての相馬眼を見事に的中させている。


[編集] その他の管理馬
ショウリノメガミ オリビエ・ペリエとのコンビで1996年の京都牝馬特別(現在の京都牝馬ステークス)を制覇
オースミシャダイ 阪神大賞典、日経賞を制した小柄なステイヤー(1990年)
オースミタイクーン 息子である武幸四郎が騎乗してJRA初勝利と史上最年少重賞初勝利を決めた馬。
メジロベイリー 横山典弘騎乗で2000年の朝日杯3歳ステークスを制覇

[編集] テレビCM出演
サッポロビール 三男・武豊と共に出演(1989年)。因みに、かなりの酒豪として知られ、『移動中の新幹線の窓にミニウイスキーのボトルが並んだ』・『落馬で前歯が折れたにも関わらずストローでビールを飲んでいた[6]』・『ロングエースでダービーを制した後、深夜まで飲んだにも関わらず次の日の早朝にはロングエースの厩に行った』などの伝説がある。

[編集] 関連項目
武豊(息子)
武幸四郎(息子 豊の弟)
増沢末夫(同期生)

[編集] 脚注
^ エリザベス女王杯の前身に当たる、同年のビクトリアカップも制覇している。
^ 福永祐一騎手の父で、杉本は彼を『天才』と称して実況している。
^ 何故か、距離が1ハロン違うだけの天皇賞は最後まで勝てなかった。
^ もう1つの重賞制覇だった1989年のスワンステークスは松永昌博が騎乗している。
^ 現在の高松宮記念(1200m)で、当時は2000mのGII競走であった。
^ 杉本清に『ストローでビールを飲むと不味い』という意味の事を話している。
スポンサーサイト

2007年03月08日 トラックバック(-) コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。