スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

境 勝太郎

境 勝太郎(さかいかつたろう、1920年3月6日 - )は、元騎手(札幌競馬倶楽部、日本競馬会、国営競馬、日本中央競馬会(JRA))、元調教師(日本中央競馬会)。現在は競馬評論家。北海道出身。

目次 [非表示]
1 経歴
2 境勝太郎の馬体診断
3 成績
3.1 騎手成績
3.1.1 主な勝ち鞍
3.2 調教師成績
3.2.1 主な勝ち鞍
3.2.2 受賞
4 門下生



[編集] 経歴
北海道・倶知安競馬場で競馬の競走を観たのをきっかけに騎手を志す。 1935年、札幌競馬場の清水茂次厩舎で見習騎手となり、1936年、同競馬場の川崎敬次郎厩舎で騎手となる。騎手時代は星川泉士厩舎・久保田金造厩舎・二本柳俊夫厩舎など合計10もの厩舎に移籍を繰りかえしつつ、1944年の農商省賞典(皐月賞)(クリヤマト)、1950年の桜花賞(トサミツル)、1953年の天皇賞(秋)(クインナルビー)などに優勝した。ちなみにクインナルビーは後に怪物と称される名馬オグリキャップの五代前の母で、境自身オグリキャップの活躍にクインナルビーを思い出して内心喜び、「良い牝系は必ず後に名馬を産み出す」と語っている(オグリキャップは牝系以外は決して良血と言える血統ではないため)。

1966年、調教師免許を取得し白井にある中山競馬場の分場で厩舎を開業。当時は2400mの追い切りをかけるのが一般的な競走馬の調教手法であったが、白井の調教コースは1周1400mしかなかっため、1000mの追い切りをかける手法を採りいれ、美浦トレーニングセンター開設後もそのスタイルを貫いた。

1973年にスプリンターズステークスをキョウエイグリーンで制し重賞初制覇。1970年代後半以降は「サクラ」の冠名で知られるさくらコマース所有の競走馬によって数々の重賞・GIに優勝した。JRAが調教師の70歳定年制を導入したことに伴い、1997年2月28日、晩年の最高傑作・サクラローレルによる前年の有馬記念優勝を置き土産に調教師を引退した。

馬の蹄及び蹄鉄を重要視しており、「自分の見ていないところでは絶対に削蹄させなかった。どこを何ミリ削るかが成績や故障の原因になる」と著書で述べている。また、サクラローレルが海外遠征で故障した際も「故障の原因の一つは日本から装蹄師を同行させなかったことにある」旨のコメントをしている。

騎手時代には牝馬で勝利を収めることが多かったが、なぜか調教師になってからは逆に牝馬の成績が牡馬に比べて低かった。

人物的には強気の性格の持ち主として知られ、騎手時代から競馬マスコミの前で強気のコメントを連発することが多く、「境ラッパ」の異名をとった。また直言家でもあり、管理馬の騎乗を巡って、小島太や横山典弘といった厩舎の主戦騎手をマスコミの前で批判することも多かった。現在もスポーツニッポン紙上にて、「美浦の黄門様」として歯に衣着せぬ競馬評論を行っている。


[編集] 境勝太郎の馬体診断
 スポーツニッポン紙上で、GIレースの開催週に掲載されているもので、境氏が馬の状態を50点満点で評価するもので、これに、過去の実績、最近の調子などを加味して100点満点の「黄門式採点表」として掲載されている。  大体一番状態のいい馬には48~49点をつけ、50点満点はほとんどみられない。しかし、この馬体診断でトップの評価を得た馬がレース本番で優勝した例はほとんど見られない。これは、実際に馬の状態を見て評価しているわけではなく、撮られた写真から判断しているため、正確に評価するのが難しいためと思われる。実際50点満点の評価を得た馬がレース本番では惨敗しているケースもたびたび見られる。(例 2005年宝塚記念 タップダンスシチー。2005年有馬記念 ゼンノロブロイ)。むしろ評価の低い馬が好走しているほうが多い。

 その最たる例がディープインパクトで、皐月賞時の馬体診断では「貧弱に見える」として43点の低評価で、本命にもしなかったが、レースは快勝であった。その後評価は上がっていったが、逆に馬体重は減っていった。そのためか2006年の有馬記念時の馬体診断では(評価は満点の50点)「馬は目方で走るものではないとこの馬に教えられた」と語った。そして本番のレースも快勝すると、「競馬に携わって70年、こんな完璧な勝利を見たのは初めて 」と最初の時の評価がうそのような最大級の賛辞を送っていた。


[編集] 成績

[編集] 騎手成績

[編集] 主な勝ち鞍
皐月賞(1944年クリヤマト)
桜花賞(1950年トサミツル)
天皇賞(秋)(1953年クインナルビー)

[編集] 調教師成績
通算成績5202戦656勝、重賞53勝


[編集] 主な勝ち鞍
天皇賞(春)(1996年サクラローレル)
天皇賞(秋)(1979年スリージャイアンツ、1986年サクラユタカオー、1995年サクラチトセオー)
東京優駿(日本ダービー)(1988年サクラチヨノオー)
有馬記念(1996年サクラローレル)
エリザベス女王杯(1995年サクラキャンドル)
スプリンターズステークス(1993年サクラバクシンオー、1994年サクラバクシンオー)
朝日杯3歳ステークス(1987年サクラチヨノオー、1988年サクラホクトオー)

[編集] 受賞
優秀調教師賞(関東)(1986年)
調教技術賞(関東)(1971年、1973年、1975年、1978年、1980年)
重賞獲得調教師賞(1986年)
東京記者クラブ賞(1996年)
スポーツ功労者 文部科学大臣顕彰(1995年度)
スポンサーサイト

2007年03月08日 トラックバック(-) コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。