スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

瀬戸口 勉

瀬戸口 勉(せとぐち つとむ、1936年11月3日 - )は日本の騎手、調教師。鹿児島県出身。弟の瀬戸口悟も名古屋競馬・弥富トレーニングセンターに所属する調教師である。

主戦騎手として、平地競走では福永祐一・石橋守の両騎手、障害競走では西谷誠が騎乗することが多い。

目次 [非表示]
1 騎手として
2 調教師として
3 主な騎乗馬
4 主な管理馬



[編集] 騎手として
1955年、京都の上田武司厩舎に騎手見習いとして入り、1959年、騎手としてデビューする。1963年にはミスマサコで桜花賞を優勝した。1973年に引退、騎手時代の成績は通算2534戦329勝である。

特に障害競走での成績は優れたものがあり、145戦55勝。勝率.379、連対率.641という数字を残している。 京都大障害(秋)は1959年をハルナサン、1960年をシルバオー、1961年には京都大障害(春)、中山大障害(秋)をトサキングで制している。


[編集] 調教師として
1973年に調教師免許を取得し、1975年に栗東トレーニングセンターで開業する。

2005年は54勝をあげ、JRA賞(最多勝利調教師)を受賞する。

2007年2月末をもって定年となる。メイショウサムソン・マルカシェンク・マルカラスカルなどの活躍馬を多く管理しているが定年となれば管理馬全てが転厩となる。一部スポーツ紙では調教師定年制を一定以上の成績を収めた調教師に関しては延長するなどの処置を取ろうという動きがあると報道された。このような超一流の調教師が定年と言う枠組みの中で引退することは日本競馬会に取って大きな損失でもある為、JRAの判断が注目される。

2006年2月で定年になり調教師を引退した北橋修二は親友で、北橋厩舎に所属していた福永祐一を自厩舎でも主戦騎手にしている。

初出走 1975年3月8日 1回阪神3日目第3競走 ホウシュウエタン 5着
初勝利 1975年5月10日 3回阪神5日目第4競走 ホウシュウリッチ 18戦目

[編集] 主な騎乗馬
トサキング(1961年中山大障害(秋))
ミスマサコ(1963年桜花賞)

[編集] 主な管理馬
オグリキャップ(1988年有馬記念、1989年マイルチャンピオンシップ、1990年安田記念・有馬記念)
オグリローマン(1994年桜花賞)
ゴッドスピード(1999年中山大障害)
エイシンチャンプ(2002年朝日杯フューチュリティステークス)
ネオユニヴァース(2003年皐月賞・東京優駿(日本ダービー))
サニングデール(2004年高松宮記念)
ラインクラフト(2005年桜花賞・NHKマイルカップ)
メイショウサムソン(2006年皐月賞・東京優駿(日本ダービー))
マルカラスカル(2006年中山大障害)
スポンサーサイト

2007年02月20日 トラックバック(-) コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。