スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

菅原 泰夫

菅原 泰夫(すがわら やすお、1946年4月1日 - )は日本中央競馬会の元騎手。同会調教師。東京都出身。いわゆる中央場所では余り日の当たることはなく地味な存在であったが、 1975年春の4歳(現3歳)クラシックにてカブラヤオー、テスコガビーに騎乗して4鞍すべてを独占、「空前絶後」と評される。このときカブラヤオーの強引な逃げで「無謀」と非難されたが、他馬を怖がる弱点については同馬が引退するまで口にしなかった。 その後1982年、1983年での菊花賞連覇等、思い切りの良い騎乗で「勝負師」と呼ばれた。通称「泰さん」。1992年に増沢末夫騎手と共に現役を引退した。現在は美浦所属の調教師である。

目次 [非表示]
1 来歴
2 騎手通算成績(中央競馬)
3 その他の騎乗馬
4 エピソード



[編集] 来歴
1964年 茂木為二郎厩舎所属騎手としてデビュー。同期に嶋田功など。
1965年 ダイヤモンドステークスをミハルカスで制し重賞初制覇。この年ミハルカスは、年末の有馬記念で加賀武見を鞍上にシンザンと名勝負を演じている。
1972年 中央競馬(以下同様)通算100勝達成。
1975年 カブラヤオーで皐月賞、東京優駿(日本ダービー)、テスコガビーで桜花賞、優駿牝馬(オークス)を逃げ切り勝ち。
1976年 調教師の茂木の死去により森末之助、本郷一彦厩舎に転厩。
1980年 通算300勝。
1981年 14番人気のミナガワマンナで菊花賞を4馬身差で勝利し、三冠ジョッキーとなる。
1982年 ホリスキーで菊花賞をレコードタイムで制し同レース連覇。
1985年 ダイシンフブキで朝日杯3歳ステークスに勝利。通算500勝。
1990年 通算700勝。
1992年 騎手を引退。

[編集] 騎手通算成績(中央競馬)
通算成績 1着 2着 3着 4着以下 騎乗回数 勝率 連対率
平地 769 657 672 4331 6429 .120 .222
障害 0 1 0 1 2 .000 .500
計 769 658 672 4332 6431 .120 .222

重賞通算36勝

[編集] その他の騎乗馬
ランニングフリー(1989年 アメリカジョッキークラブカップなど)

[編集] エピソード
菊花賞をミナガワマンナで勝ったときに、菅原は当時関西テレビで競馬実況をしていた杉本清アナウンサーと談笑し、「なぜ杉本さんが『淀の坂はゆっくりと下らなければいけない』と強調していたのか、初めてわかった気がする」と語っている。翌年のホリスキー騎乗での菊花賞連覇や1988年の天皇賞・春でのランニングフリー騎乗でタマモクロスの2着にもってきたのも、この時の経験が生きたとも言える。
菅原が主戦騎手であったテスコガビーとカブラヤオーの直接対決が過去に1度あったが、この時は両馬の調教師に騎乗馬を一任。その結果、『一度断ると乗れなくなる可能性がある』所属厩舎で無いテスコガビーに騎乗した(所属厩舎のカブラヤオーには弟弟子・菅野澄男騎手が騎乗)。
スポンサーサイト

2007年02月20日 トラックバック(-) コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。