スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

カンパイ

カンパイは、競馬の競走において、公正なスタート(発馬)ができなかった場合に発生するスタートのやり直しのことである。

元々、イギリスにおいて競馬競走が始まった時にスタートのやり直しをした際、競馬審判員が出走馬に対し「カムバック」(戻ってください)と伝えるはずが、「乾杯」と聞こえたことからそう付けられたといわれている。

一般にカンパイが発生する事例としては、発馬機の故障、あるいは発馬合図前にスタートするフライング行為があった場合に生じることがある。一部の地方競馬では、大きく出遅れた競走馬がいた場合に再スタートをさせることがまれにあったが、現在はそれは認められていない。また、過去には出走全馬がゲートに入る前にスターターが誤ってゲート開扉した為に馬がゲートから飛び出してしまい、この為にカンパイとなった例もある。

大レースでの事例としては、1978年の天皇賞(秋)で出走のやり直しが発生している(同レースでパワーシンボリ号のゲートが開かなかったため)。直後に行われたやり直しのレースではテンメイ号が優勝している。
スポンサーサイト

2006年11月06日 トラックバック(-) コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。