スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

栗田 勝

栗田 勝(くりたまさる、1932年3月11日 - 1980年1月16日)は、元騎手(国営競馬、日本中央競馬会(JRA))、元調教師(日本中央競馬会)。息子の栗田伸一はJRAの元騎手、元調教助手。愛知県出身。

関西の名門・武田文吾厩舎の主戦騎手として活躍。五冠馬シンザン、二冠馬コダマ、牝馬二冠馬ミスオンワードなどに乗って活躍した。義父であった武田からの評価はすこぶる高く、天才と呼ばれた福永洋一との比較を求められた際に「洋一は大胆なことをやってのける反面、破れるところがある。栗田はその点緻密だった。馬を手の内に入れるまでが何割も違う。洋一は時代もあって数多く勝ったが、栗田のほうがだいぶ上。」と評した。

騎手引退後は調教師に転進したが、調教師としての結果を残すことなく早世。深酒のし過ぎが死期を早めたと言われている。


[編集] 成績

[編集] 騎手成績
4210戦766勝、重賞51勝


[編集] 主な勝ち鞍
天皇賞(秋)(1965年シンザン)
東京優駿(日本ダービー)(1960年コダマ、1964年シンザン)
菊花賞(1964年シンザン、1965年ダイコーター)
皐月賞(1964年シンザン)
桜花賞(1957年ミスオンワード)
優駿牝馬(1957年ミスオンワード)
スポンサーサイト

2007年02月28日 トラックバック(-) コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。