スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

音無 秀孝

音無 秀孝(おとなしひでたか、1954年6月10日 - )は、日本中央競馬会栗東トレーニングセンター所属の調教師であり、元栗東所属騎手である。宮崎県出身。

目次 [非表示]
1 来歴
2 特徴
3 エピソード
4 成績表
4.1 主な管理馬



[編集] 来歴
中学校を卒業した後、大阪のレストランでコックとして3年間働いていたが、この間に競馬ファンとなり、自身も騎手として競馬界に飛び込むことを決意する。1973年から騎手見習いとして騎乗を開始、1979年からは田中良平厩舎に所属し正式な騎手となった。1985年の優駿牝馬をノアノハコブネで制すなど、1993年の騎手引退までに1212戦で84勝を挙げている。引退後2年間は田中章博厩舎で調教助手を務め、1995年に厩舎を開業する。1995年6月24日に中京競馬第12競走でキーペガサスが管理馬として初出走、初勝利は厩舎10戦目であった同年7月23日の小倉競馬第11競走北九州記念をイナズマタカオーで飾っている。


[編集] 特徴
2000年頃から成績が飛躍的に向上し、現在では毎年のように調教師リーディングの上位を賑わす存在である。これには、リンカーンなどに代表される近藤英子所有の素質馬を管理し始めたことや、条件戦での積極的な関東遠征、東田幸男調教助手を始めとする厩舎スタッフらの手腕とチームワークなどが理由として挙げられる。

また坂路主体の調教も厩舎の特徴であり、西高東低の現状に於いて、これが前述の関東遠征での好結果に繋がっているとも考えられる。

その他に、管理馬がレースでの人気の有無に拘らず2着・3着を拾うケースが目立つこと(この事に関しては音無も自虐的に語ることがある)や、ヘネシーやジェリなどのまだ馴染み薄い種牡馬の産駒が活躍していることも特徴だろう。

2003年より厩舎所属騎手として生野賢一がいるが、重賞を含む上級条件競走においては、関西では武豊、関東では柴田善臣が騎乗することが多い。ちなみに熱心な競馬ファンの間では「関東で柴田を乗せてきたら買い」とも言われるほどの複勝率を誇る。


[編集] エピソード
オモシロイ、イヤダイヤダなどの珍名馬が所属することでも有名な音無厩舎だが、それらを所有する馬主小田切有一との関係は深い。音無の騎手時代の代表騎乗馬ノアノハコブネ、1980年の初勝利時の騎乗馬ヒノサトも小田切の所有馬であった。当時、小田切は田中良平厩舎にその所有馬の多くを預けていたこともあり、音無は若い頃から氏に可愛がられていた(現在も"秀ちゃん"と呼ばれている)。その縁と信頼関係は、調教師となってからのエガオヲミセテやワナでの重賞勝利や、オレハマッテルゼでの高松宮記念優勝による悲願のGI初制覇へと結実している。

[編集] 成績表
年 勝利数・連対率 表彰歴
1995年    1勝 (.035)
1996年    8勝 (.125)
1997年   16勝 (.144)
1998年   17勝 (.171)
1999年   15勝 (.170)
2000年   18勝 (.172)
2001年   16勝 (.178)
2002年   34勝 (.191)
2003年   26勝 (.199)
2004年   48勝 (.341) JRA賞(優秀技術調教師)
優秀調教師賞(関西)
2005年   48勝 (.291) 優秀調教師賞(関西)
2006年   41勝 (.286) 優秀調教師賞(関西)


[編集] 主な管理馬
括弧内は重賞の勝ち鞍

リンカーン(2004年阪神大賞典、2005年京都大賞典、2006年日経賞)
カンパニー(2006年大阪杯、2005年京阪杯)
イナズマタカオー(1995年北九州記念、1996年中京記念)
エガオヲミセテ(1998年阪神牝馬特別、1999年マイラーズカップ)
ユーセイトップラン(1999年アルゼンチン共和国杯、1998年・2000年ダイヤモンドステークス)
トシザブイ(2002年・2003年目黒記念)
オレハマッテルゼ(2006年高松宮記念、2006年京王杯スプリングカップ)
サンライズバッカス(2007年フェブラリーステークス、2005年武蔵野ステークス)
スポンサーサイト

2007年02月28日 トラックバック(-) コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。