スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

大久保正陽

大久保正陽(おおくぼ まさひろ、1935年8月23日 - )は、日本の元騎手(日本中央競馬会)、元調教師(日本中央競馬会)。父の大久保亀治(亀吉)は、尾形藤吉門下の元騎手・元調教師。祖父の大久保福松は函館大経の弟子。弟の大久保光康も元騎手・元調教師(日本中央競馬会)。子の大久保龍志は現在も開業中の調教師(日本中央競馬会)。


[編集] 経歴
騎手見習い、騎手候補生を経て1957年に父・大久保亀治の厩舎所属の騎手となる。なおこの間、夜は大学に通いながら騎乗を続ける生活を両立させ、学士号を取得している。

騎手を引退した後、1970年から同厩舎の調教助手となり、1971年に調教師免許を取得。2006年2月28日に定年により調教師を引退。

調教師としては、時に競馬における常識に挑戦するような競走馬の使い方をすることで知られ、史上初の「障害帰りのGI馬」となったメジロパーマーや、「中央競馬の全競馬場でレースに出走する」という珍記録を達成したヤマノシラギクを管理したことで有名。また三冠馬・ナリタブライアンに対しても、6歳(旧馬齢)時に天皇賞(春)(3200m)の次走として高松宮杯(1200m)に出走させたことから、距離適性などの面からマスコミとの間で論争を呼んだ(詳しくはナリタブライアン#調教師とマスコミとの対立を参照)。


[編集] 調教師時代の成績
通算7006戦596勝、重賞50勝(うち八大競走およびGI10勝)。

主な勝ち鞍
天皇賞(春)(1976年エリモジョージ)
有馬記念(1992年メジロパーマー、1994年ナリタブライアン、1997年シルクジャスティス)
東京優駿(1994年ナリタブライアン)
菊花賞(1994年ナリタブライアン)
皐月賞(1993年ナリタタイシン、1994年ナリタブライアン)
宝塚記念(1978年エリモジョージ、1992年メジロパーマー)
朝日杯3歳ステークス(1993年ナリタブライアン)

[編集] 主な管理馬
ナリタブライアン
エリモジョージ
ヤマノシラギク
ナリタタイシン
シルクジャスティス
スポンサーサイト

2007年02月28日 トラックバック(-) コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。