スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

岩元 市三

岩元 市三(いわもと いちぞう、1947年10月30日 - )は、日本中央競馬会 (JRA) 調教師、同会元騎手。鹿児島県出身。

騎手としてバンブーアトラスで東京優駿(日本ダービー)、ラフオンテースで阪神3歳ステークスなどを勝ち、調教師として顕彰馬・テイエムオペラオーを管理したことで知られる。

目次 [非表示]
1 騎手時代 「マムシの市っちゃん」
2 調教師として
2.1 受賞歴
3 関連項目



[編集] 騎手時代 「マムシの市っちゃん」
小学6年生時に父を亡くしていた長男の市三は、鹿児島から集団就職で大阪に出て花屋で働く。その後、騎手を志すようになり1967年に騎手候補生として布施正厩舎に入門、1974年に騎手デビューした時は既に27歳という苦労人だった。

夫人は師匠の布施正元調教師の次女である。

ファンや関係者・マスコミからは、しつこく競争相手に喰らいつく手綱さばきから「マムシ」と渾名され、人柄からか「市っちゃん(いっちゃん)」「いっつあん」と親しみを持って呼ばれ、インタビューや取材時の独特の語り口は「市っちゃん節」と言われて人気があった。

1977年の中日新聞杯(キングラナーク)で初重賞勝利。以来、ラフオンテースとのコンビで重賞5勝を挙げるなど、騎手として生涯所属した布施厩舎の馬を中心に通算JRA重賞29勝。

1982年 東京優駿(日本ダービー)をバンブーアトラスで勝利。

1989年 調教師免許取得に伴い騎手を引退。 JRA通算成績 578勝(全て平地)、騎乗数4917(内・障害5)、連対率.231


[編集] 調教師として
1988年 1989年度の調教師免許試験を受験し、僅か一度目の受験で合格。
1989年11月、夏村辰男厩舎の解散(夏村師の逝去)に伴い空きの出来た栗東トレーニングセンターに岩元市三厩舎を開業。
1990年1月、調教師として初勝利。同年9月、小倉3歳ステークス(テイエムリズム)で重賞初勝利。
1999年 皐月賞(テイエムオペラオー)でJRAGI初勝利。
2003年 11月8日、京都競馬第1レースでJRA通算300勝達成(3287戦目)。
主な管理馬はポレール(1996年度JRA賞最優秀障害馬)、テイエムオペラオー(JRA顕彰馬)など。

1996年より和田竜二が厩舎所属騎手。


[編集] 受賞歴
JRA賞 最多賞金獲得調教師(2000年)
JRA賞 優秀技術調教師(1999年)
優秀調教師賞(関西)(1990年、1991年、1999年、2000年)

[編集] 関連項目
竹園正繼(管理馬テイエムオペラオーの馬主)
スポンサーサイト

2007年02月28日 トラックバック(-) コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。