スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

伊藤 正徳

伊藤 正徳(いとう まさのり、1948年10月22日 - )は日本中央競馬会の調教師、元騎手である。兵庫県出身。父は元騎手でトクマサで1936年の第5回東京優駿大競走(現在の日本ダービー)を制した伊藤正四郎(他に第1回菊花賞をテツモンで制した)。

目次 [非表示]
1 騎手時代
2 調教師時代
3 備考
4 外部リンク



[編集] 騎手時代
1964年に日本中央競馬会騎手養成所に入る。同期に岡部幸雄、柴田政人、福永洋一などがいたため「馬事公苑花の15期生」と呼ばれていた。1966年に尾形藤吉厩舎所属の騎手見習いとなり、1968年に騎手としてデビュー。

1977年5月に行なわれた第44回東京優駿(日本ダービー)でラッキールーラに騎乗し優勝。同期の中で最初にダービージョッキーとなる。また、この勝利により2組目の親子2代のダービージョッキーとなった。この他では1982年の第86回天皇賞(秋)をメジロティターンで、1973年の第23回安田記念をハクホオショウで制した(但し当時同競走はハンデキャップ競走)。

1987年に引退。通算成績は2037戦269勝。


[編集] 調教師時代
1988年に厩舎開業。同年5月15日の新潟競馬第8競走のエイコーフィバーで初勝利を挙げる。

1999年にエアジハードで安田記念、マイルチャンピオンシップを制す。他にはマイネルブリッジ(NHK杯など3勝)、ローエングリン(マイラーズカップなど4勝)など重賞は通算18勝。

1995年と1996年に優秀調教師賞を獲得。毎年20勝前後の勝利数を挙げるなど安定した成績を残している。

騎手後藤浩輝は1992年から1995年まで伊藤正徳厩舎の所属騎手で師弟関係を持っていた。


[編集] 備考
騎手時代に「おれでよければ」という曲でレコードを出した事もある。ジャケットに「大本命盤」と書いてあるが、これは同時期に田辺靖雄やアローナイツが同名で出したので違いを示すために銘打った物である。ちなみに弟子の後藤浩輝も「遥かなる君に」でCDをリリースした。
スポンサーサイト

2007年02月28日 トラックバック(-) コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。