スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

椋木 宏

椋木 宏(むくのき ひろし、1961年1月26日 - )は、競馬専門紙「競馬エイト」所属のトラックマン、競馬評論家。島根県益田市出身。


[編集] 来歴
益田競馬場の近くに住んでいたため、早くから競馬に興味を持つ。東京スポーツに掲載されていた募集記事を見て、同紙の系列の競馬専門紙「レースポ」に入社。美浦トレーニングセンターの北馬場担当のトラックマンとなる。しかし、1985年1月にレースポが廃刊となってしまう。当時即戦力の人材を求めていた「競馬エイト」のトラックマンらに誘われ、同年2月に同紙に移籍。エイトでは南馬場担当となり、現在に至る。

明るいキャラクターであることもあって競馬番組にもたびたび出演しており、「チャレンジ・ザ・競馬」や「スーパー競馬」等に出演。2000年12月からはBSフジの「競馬大王」にレギュラー解説者として出演。また、競馬バラエティー番組の「うまッチ!」にもレギュラー出演した。

その他、競馬場内の予想イベントなどにも出演している。


[編集] 出演番組
BSフジ競馬中継(BSフジ独自制作時のみ)

[編集] 過去の出演番組
うまッチ!
酔いどれない競馬
競馬大王
スーパー競馬
チャレンジ・ザ・競馬

スポンサーサイト

2007年03月08日 トラックバック(-) コメント(-)

吉田 均

吉田 均(よしだ ひとし、1949年 - )は、産業経済新聞社東京本社の社員で、同社が発行する競馬情報紙競馬エイトに所属するトラックマン、競馬評論家。

競馬エイトの本紙予想を担当。別名を「攻めの吉田」。競馬エイト創刊時から在籍している(一時、産経本社の発行紙別分社政策によってサンケイスポーツ新聞社に属していた。詳細はサンケイスポーツを参照)。以前は穴予想(関東馬偏重傾向)が多かったが、本紙担当になってからは手堅い予想が目立つようになった。

本人曰く、一番思い出に残っているサラブレッドはテイタニヤで、理由は「トラックマン一年目の時、調教を見ていて見つけた馬だったから。(ちなみに、ペーパー馬主)」。また、一番思い出に残っているレースもテイタニヤが勝った桜花賞。

また、フジテレビのスーパー競馬にもレギュラー解説者として出演し、実況放送席(現在はメインレースのみ)、パドック席両方の解説を担当している。以前はニッポン放送の「日曜競馬ニッポン」にもスーパー競馬と掛け持ちで出演していた。

2007年02月28日 トラックバック(-) コメント(-)

野元 賢一

野元賢一(のもと けんいち、1964年- )は東京都出身の日本経済新聞の競馬記者、競馬評論家。

競馬界に対する辛口の論評はファンが多い。ハルウララの休養を巡って馬主サイドと厩舎サイドが対立した際には、地方競馬における公然のタブーである「名義貸し」の問題にも踏み込んだ評論を展開した。


◆来歴

千葉県立布佐高等学校卒業
東京大学法学部卒業後、1987年4月に毎日新聞社入社。同社長野支局勤務を経て、本社運動部に転属しスポーツ記者となる。
1996年日本経済新聞社に移籍。当初は株式面担当であったが、30歳ごろより競馬専属記者として現在に至る。


◆著作

競馬よ!―夢とロマンを取り戻せ―

2006年11月08日 トラックバック(-) コメント(-)

山田 一雄

山田 一雄(やまだ かずお)は、 競馬ブック専属の競馬評論家。

競馬ブックトラックマンを経て、同紙の専属評論家として新聞、雑誌に寄稿する他、KBS京都ラジオ(冠番組「山田一雄の競馬展望」をG1レース当該週、並びにG1に直結するレースの開催週放送)、ラジオ関西の競馬中継の解説に携わる。 ※2005年末まではMBS(毎日放送)ラジオでも解説に携わっていた。

2006年11月08日 トラックバック(-) コメント(-)

宮崎 秀一

宮崎 秀一(みやざきしゅういち)は日刊競馬の記者でチーフトラックマン。

調教内容をベースにした主に穴狙いの予想スタイルで同紙では人気が高く、高額配当的中もしばしばある。同紙のコラム「穴カルト」を担当。

中央競馬ワイド中継(独立UHF放送局)に出演し1998年6月13日以前は「宮崎秀一の注目馬」で日曜日の注目馬をピックアップしたが同年6月20日からパドック解説も担当している。

2006年11月08日 トラックバック(-) コメント(-)

松本 憲二

松本 憲二(まつもと けんじ、1943年9月23日-)は競馬評論家。競馬専門紙競馬ブックのトラックマンで本紙予想を担当。調教解説に定評がある。

1987年4月から2003年6月14日まで中央競馬ワイド中継(独立UHF放送局)の土曜日の解説者を務めた。現在はラジオNIKKEIの競馬解説者で、週刊競馬大道場!!では総合司会に当たる「師範代」として出演中。

2006年11月08日 トラックバック(-) コメント(-)

松沢 俊夫

松沢 俊夫(まつざわ としお)は競馬評論家。東京都出身。父は元ジョッキー。

幼少の頃から馬と接して育つ。1951年、競馬専門紙の競馬研究に入社。以降、ラジオ関東(現・ラジオ日本)、ラジオたんぱ(現・ラジオNIKKEI)の解説者を経て、1985年から2002年まで「中央競馬ワイド中継、中央競馬ハイライト(ともに独立UHF放送局)」に出演した。

なお、その後はグリーンチャンネルでの調教解説を担当している。

2006年11月08日 トラックバック(-) コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。